忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



現在、韓国の若者を中心に日本の漫画や小説、映画が相次いでヒットし、「日流」ブームが起きているそうです。
もっぱら人気が高いのは、娯楽性が強く軽いテーマの作品だとか。
一方で韓国から日本への映画やドラマの輸出は激減。
一時の「韓流」ブームは勢いを失い、韓国政府は「韓流」ブーム復活にむけてテコ入れを開始しました。
資源のない韓国にとっては映画は重要な輸出商品といったところなのでしょう。
それにしても「日流」ブームの中でアニメとかは理解できるのですが、以外だったのが小説。
なんでも小説部門の07年販売ランキングトップ100のうち日本の小説はじつに42冊となり、韓国小説を上回ったほど。
韓国の小説は『国家』や『政治』などのお堅いテーマが多く娯楽性に乏しいそうです。
その点日本の小説は身近なものをテーマにしたりしていて気軽に楽しめる、といった点が人気の秘訣だとか。

韓国政府が日本のビデオ作品や出版物を一般解禁したのが1998年。
今年で10年になるわけですが、日本のアニメや漫画に慣れ親しんで育った世代が今では20前後になり、今では「消費者」となって積極的に日本の文化を購入してくれているようです。
「近くて遠い国」といわれていた韓国が名実共に「近い国」になってきましたね。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]