忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「人間がいるかぎり戦争はなくならない。だから戦争や兵器に投資するのは一番確実な投資だ」
という台詞は何かの本で見た一節。
悲しいかなある種の現実を表してもいますね・・・。
まあそれでもだいぶ軍縮が進んで兵器産業もずいぶん企業努力をしなくてはならない感じになってきたのではないでしょうか?
そんな企業努力の一環のお話。

現在インドにおいて欧米やロシアの航空機メーカーが新鋭戦闘機の売り込みに凌ぎを削っているようです。
インドの仮想敵国である中国やパキスタンが続々と新鋭機を投入し、インド空軍の現有機の老朽化を受けての動きらしいです。
インドは上記のような理由から新鋭戦闘機126機(総額約90億㌦規模)の大型購入を計画し、各航空機メーカーに仕様や価格の見積もりを要求。
126機もの購入となれば各航空機メーカーもアピールに力を入れますよね。
関連機器や今後の部品購入なんかを考えればかなりの市場になるのではないでしょうか?
下馬評ではロッキード・マーチンF-16とミグ35が有力だとか?
しかし、インドの従来の主力はミグ23、27などのはず。
ロシア産の戦闘機と米国産の戦闘機では工業規格からして違うだろうから、従来通りのミグシリーズの方が何かと都合がいいのでは?
それとも政治的判断もあってF-16に軍配が上がるのだろうか?

戦闘機は機能美に溢れカッコイイものではあるのですが、基本的には平和な空を飛ぶ為に作られたものではありません。
これを期に軍拡競争などにならず平和な空を飛ぶだけの「抜かずの刃」に終わってくれればよいのですが・・・。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
サーブJAS39グリペンが安く多機能で一家に一機欲しいす
Get's 2007/07/04(Wed)12:38:01 編集
>Get'sさん
グリペンは向こうのお国柄下ろしてくれるかどうかも疑問だし、補機類の入手も困難かも?
なんせ増層タンクの流用すら出来ないっすからねぇ・・・。
でも日の丸つけたグリペンってのも見てみたいですね!
ちょっとカッコイイかも?
イーストスワロー URL 2007/07/05(Thu)00:29:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]