忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[888] [887] [886] [885] [884] [883] [882] [881] [880] [879] [878]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 最近、アクセサリーを身につける男性が増えてきました。ひと昔前は、アクセサリーの代表であるリングやネックレス、付けたとしてもブレスレット程度だったのが、ピアスをしている男性もいまは多く見かけます。しかし、本人がオシャレとして身につけているアクセサリーが、女性から見るとイマイチだったりすることもあるのです……。

■女性が男性につけてほしくないアクセサリーとは?
 これまで多くの女性に聞いた話によると、ゴールドのアクセサリーに関しては特に注意が必要。「ぶっとい金の鎖ネックレスはダサイ」とか「安っぽく見える」など、印象がよくありません。

 ピアスに関しても、「絶対にやめてほしい」とか「そもそも男性で似合う人はそうそういない」など、男性のピアス=気持ちが悪いという印象を持っている女性が実に多いこと……。

 やはりゴールドのネックレス(特に太め)やブレスレット、ピアスは女性の人気がありません。男がアクセサリーを身につけるコツは、いかにアクセサリーをさりげなく、上品に身につけることができるかということなのです。

■それでも男性のアクセサリーは御法度か?
 いまでこそ、アクセサリーは男性のファッションアイテムとして認知されていますが、「男たるものアクセサリーを身につけるなんて!」という時代があったのも事実。男性がネックレスなどのアクセサリーを付けていたら、どこかチャラチャラした印象を与えたもの。しかし、最近ではアクセサリーが板についた男性が多くなりました。

 多くの女性が男性が身につけるアクセサリーに対して否定的な意見が多い中、「男がアクセサリーをつけるべきかどうか?」という問いかけに対する筆者の答えは「イエス」です。

 大切なのは、「アクセサリーはファッション全体のコーディネートの一部」であることを忘れないこと。これは女性にも共通していえることですが、アクセサリーを身につけるとき、あくまでも全体コーディネートを引き立たせるものを選ばなくてはいけません。なぜかアクセサリーに派手なものを選び、コーディネートがアクセサリーに負けてしまっている……ケースをよく見かけます。

■あくまで「さり気なく」が大切
 男性に人気のアクセサリーといえば、重量感あるゴールド・シルバーのネックレスやブレスレット。いかにも高額そうでゴージャスに見えますが、アクセサリーだけが目立ってしまい、なぜかいやらしい印象を与えてしまいがち。

 ゴールドやシルバーの素材を選択したのなら、少し小振りで上品なデザインや、カジュアルなテイストのものを選ぶのがベター。アクセサリーを目立たせようとして、全体コーディネートのバランスを崩さないようにご注意を。アクセサリーの位置づけは、あくまでもコーディネートの脇役なのです。

 ダイヤなどのピアスをつけている男性を多く見かけますが、ピアス自体をコーディネートに上手に取り入れて、スタイリングしている人はあまりいません。ピアスをつける場合はそれなりの個性が必要で、ピアスの似合う着こなしができる人でないとNGスタイリングになってしまいます。

 アクセサリーを着こなしに取り入れたいと考えている人は、まずはリング、ネックレス、ブレスレットからはじめて、自分のコーディネートに上手く合わせることを意識してみてください。その際、「さり気なく」取り入れることを念頭に、ネックレス、ブレスレット、リングのいずれか1種類をチョイスすることからスタート。たとえシンプルなデザインを選んでも、たくさんの種類をいくつも身につけてしまっては本末転倒です。

 着こなしのキーアイテムは何か、着こなしで足りない部分はどこかなど、自身の着こなしを見極めて選択してください。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]