忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「サムライ」といえば諸外国においては良くも悪くも日本を象徴するような言葉かもしれません。
東ティモールでは「剣」の事を『サムライソード』と呼称したりするぐらいです。
事実私が海外に行った時にも、ちょっとした知り合いになったカナダの人も「サムライ・ツインソード・ムサシ」と連呼していました。
もっとも当の日本人にとってはそれほど感慨深い言葉ではないかもしれませんが・・・。
そんな「サムライ」に関して先日おもしろい逸話を聞きました。

時は江戸の世。
当時軍事力で世界にその名を轟かしていたイスパニア(スペイン)には当然のごとく傭兵なるものもいました。
軍事力で世界にその名を轟かすだけあって、イスパニアの傭兵の強さは折り紙つきだったそうです。
その傭兵の中にあっても強さを誇るある二人の傭兵が、
「日本と言う島国には『サムライ』と呼ばれる戦闘集団がいるらしい。どうだろう、俺達の腕試しにその日本と言う所に行ってみて『サムライ』なるものに挑戦してみないか?」
というような会話がされて、その二人の傭兵ははるばる日本まで来たそうです。
意気揚々と出島にたどり着いた二人の傭兵ですが、剣豪と呼ばれるような著名な人物に出会う前に、なんとたかだか門番に一刀両断のもと切り伏せられてしまったそうです。

門番といえばバッキンガム宮殿などでは栄誉ある職かもしれませんが、日本においてはさほど栄誉ある職ではありません。
そんないわゆる下級武士に世界にその名を馳せた傭兵が事もなく切り伏せられる。
なんだかすごいお話ですね?
もっとも場所が出島なだけにそれなりの腕の人がなっていた可能性もありますが・・・。
いずれにしても当時の日本の戦闘力を物語るお話。
山田長政がシャム(タイ)でその名を馳せたのもうなずけます。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]