忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896] [895] [894] [893]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



一般的に、6時間から8時間くらいがちょうど良いと言われる睡眠時間。
当然個人差はあるものの、だいたいその程度の睡眠時間を確保しておけば、日常生活に支障を来すことは少ない。
しかし、中には寝ることが大好きで、1日9時間でも、10時間でも寝ていたいという人もいるが、そんな長時間睡眠派にとっては気になる研究結果を、スペインの研究者が発表した。
昼寝も含めて1日8時間以上寝ている人は、アルツハイマー病などの認知症にかかるリスクが倍増するという。
この研究は、スペイン・マドリード大学病院の専門家チームが行ったもので、欧州の専門誌「Journal of Neurology」で発表されている。
調査の対象となったのは65歳以上の男女3,286人で、健康状態や生活時間を3年間に渡って追跡した。
すると、140人に認知症の発症が認められたため、睡眠時間と認知症の関係性について研究を重ねたという。
その結果、居眠りも含めて1日の平均睡眠時間が8時間以上の人は、6時間から8時間の人に対して、認知症の発症率が2倍にのぼることが分かった。
研究チームはこの差について「睡眠時間と認知症との重要な関係を見つけた」と発表。
直接的な因果関係については、現時点では不明としながらも、「長い睡眠時間が認知症の初期症状、あるいはそのリスクの増加に関わっているかもしれない」との見解を示した。
しかし、英国アルツハイマー病協会のスーザン・ソレンソン博士は、この発表に否定的だ。
「通常より眠ることが、認知症への直接的な危険要因になるとは思えない」と英メディアにコメントしている。
ちなみに、「寝過ぎ」による身体への悪影響の可能性は、これまでも幾度となく指摘されてきた。
今年初めにも「長い睡眠時間は糖尿病にも関係する」との研究結果が発表されている。
一見、たくさん寝ることは良いことのように思われがちだが、極端な睡眠はあまりオススメはできないというのは、よく聞かれる話だ。
もちろん今回の研究結果のように、「寝過ぎ」の弊害が指摘されたからといって、逆に「寝不足」のほうがマシ……という話ではない。
デイリー・テレグラフ紙は「睡眠不足は脳機能に影響を及ぼす」との研究結果を紹介し、「適度な睡眠は必要」とクギを刺している。
どの研究もまだ因果関係が科学的に解明されているわけではないため鵜呑みにする必要はないが、悪影響の可能性が繰り返し指摘されているのは事実。
小難しいことは抜きにしても、「寝不足」「寝過ぎ」といった極端な睡眠のとり方ではなく、やはり適度な時間を守りながら寝るのが一番無難なのかもしれない。

睡眠といえば私もちょっとは悩みを抱えている方なのですが、今回の記事は「寝すぎると・・・」といった内容なので指し当たって私には影響がないかもしれません。
しかし、私はたくさん(長時間)眠りたいという欲求があるのですが、あまりお勧めできないような贅沢なのかもしれませんね。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]