忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



旅客機の主要メーカーといえば真っ先に思いつくのが「ボーイング」というのが日本人の大体の相場ではないでしょうか?
ここ数年の業績もあるからエアバスという人もいるかもしれませんね?
・・・まあツポレフが真っ先に思いつく人はそうそういないでしょう。
そんなボーイング社ではありますが、時期主力旅客機「ボーイング787(通称:ドリームライナー)」が最近何かと話題をよんでいます。
この787の目玉と言えばなんと言っても低燃費!
従来の旅客機よりも20%ほど燃費が良く中型旅客機にもかかわらず、大型旅客機並みの航続距離があるそうです。
「サーチャージ料」なるものを乗客から請求すなければならないほど燃料費が急激に上昇して経営に苦しむ航空会社としては願ったり叶ったりといった所なのではないでしょうか?
燃費の向上には軽量化が大きな役割をはたしているそうですが、その軽量化技術には日本の重工メーカーや素材産業が大きな役割をはたしています。
基幹部分を担う日本の三菱重工業、川崎重工業、富士重工業の3社は全体の35%もの生産に携わっているそうです。
特に三菱重工業は航空機の生命線ともいえる主翼を担当しており話題にのぼりました。
機体を構成する炭素繊維複合材は東レが16年間の独占契約をしたとか?

こうして見てみると「国産大型旅客機生産も夢ではないのでは?」などと思ってしまうのですが、技術的にはともかく、色々なしがらみがあって無理なんでしょうね・・・。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
三菱重工業 採用はスゴィ!!
ボーイング787ドリームライナーに注文が殺到三菱重工業は747X計画時の2000...
URL 2007/07/12(Thu)14:52:43
忍者ブログ [PR]