忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この秋米空軍研究所が「30年間充電不要の電池」を開発中、との事で話題を呼びましたが、夜光塗料の名を広めたMPK社が、このほど輝くミクロ分子「Litrospheres」を開発しました。
359dee9fjpeg







35セントの格安で厚さ8分の1インチのプラスティック(8 1/2 ×11インチ)を12年間、光らせ続けることができる新素材。
おどろく事に毒性はゼロ。
放射性ガスを使ったβ放射(betavoltaic)技術で実現したそうですが、放射性ガスと言っても幸い電子の「微量な」排出を伴う程度。
ミクロ球体のガラスやポリマーの壁は通れないので、理論上は脳に障害を起こす懸念はないそうです。
Litrospheresは注入して型に固めたり塗料に加えて使え、高温・低温にも影響されず、最大5000ポンドの圧力に耐え、光の強度は20ワットの白熱電球並みだそうです。

実用化されれば使い道は多様ですね。
ちょっとだけ問題があるとすれば、蛍光であるので発光のオン・オフが出来ない点かな?
しかし、それも「光らせたくない時にはカバーをかける」等の簡単な処置でどうにでもなるかも?
きれいに輝くイルミネーションはきれいな事この上ないのですが、電気代や排出ガスの観点からは感心できない物。
カラーリングもほぼ全色といってもいいラインナップを誇るLitrospheresが取って代われば純粋に美しさを堪能できますね。
いつ頃実用化してくれるのでしょうか?
気になるところです。
そういえば「30年電池」の方は2、3年後には店頭に並ぶ可能性が大きいとか。
まあ、あくまでも『順調』にいけばのお話らしいのですが。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]