忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私の趣味に自転車というのがあるのはすでに何度もこのブログで書いてきたのですが、今回はその事に関して・・・。

皆さんはデュラオールというメーカーをご存知でしょうか?
おそらくは皆無といってもいいほど知名度はないと思います。
世界で初めてアルミフレームのフレームを出した(←自転車屋のおじさんに聞いたのだけど本当だろうか?)事で当時としては話題となり、グッドデザイン商品選定証を受賞したほどのメーカー。
まあそれも昔の話で、今ではよっぽどマニアな人でないと知らないメーカーです。
そんなマニアックなフレームメーカーなのですが、実は私はそのマニアックなメーカーのフレームを3台も乗り継いでいたりしました。
1台は事故でフレームが曲がってしまいダメにしてしまい、残りの2台は金属疲労でフレームがぶっ千切れるという状態になってしまいました。
事故の事は仕方ないとして、フレームがぶっ千切れるというのは耳慣れない人には少々不思議な感じがあるかもしれませんね?
実は世界で初めてアルミフレームを出しただけあって、構造事態が問題あったのかもしれません。
現在のアルミフレームといえば溶接で接合されているのが通常なのですが、当時はアルミの溶接技術が未熟だったのかそもそもなかったのかまでは知らないのですが、とにかくデュラオールはラグといわれる溶接ではなく接着の方式。
しかもアルミの出っぱなだけあってか接着ですらなくリベット打ち。
そんなフレームを激しく使っていたものだから、1年ともたずに立て続けに接合部分がおしゃかになった次第です。

そして今ではクロモリフレームのパナソニックロードと、アルミフレーム(ちなみにこれもラグアルミ)のブリジストンピストに乗っているのですが、スタイル的に気に入っているデュラオールはもう一度乗ってみたい気がします。
もっとも3台デュラオールを乗り継いだだけでもギネスものぐらいのマニアックさなので二度と手に入らない可能性の方が大きいのですが・・・。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]