忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



年明け早々、イギリス/アイルランド・ツアーのため日本を留守にしているDIR EN GREYにまつわる、驚愕に値するニュースが届いた。
週刊の音楽専門誌として世界最大の発行部数を誇る英国の『KERRANG!』誌の最新号(1月24日号/現地店頭販売は同21日)で、フロントマンである京が表紙を飾っているのである。
DIR EN GREYは過去にもドイツなどの音楽誌の表紙を飾ったことがあるものの、イギリスの雑誌にこうしたカタチで登場するのは初のこと。
もちろん『KERRANG!』誌の四半世紀を超えるヒストリーのなかでも、日本のバンドが表紙を飾るのは史上初の事件ということになる。
今回の件に際し、『KERRANG!』誌のポール・ブラニガン氏は次のように語っている。
「DIR EN GREYは今日の世界において、もっとも魅惑的にオリジナルで、パワフルで、なおかつ摩訶不思議なバンドのひとつです。我々『KERRANG!』誌としても、彼らは世界中のロック・ファンに強大なインパクトを与え得る可能性を持つバンドだと確信しています。バンドはまさに現在、『KERRANG! RELENTLESS ENERGY DRINK TOUR』に参戦中で、総計3万人に及ぶイギリスのロック・ファンを前にプレイしていますが、我々は、今こそが彼らを初めて本誌の表紙に起用すべき完璧なタイミングであると判断しました。彼らが最初に表紙を飾るこの国の雑誌が『KERRANG!』であることを我々自身も誇りに感じていますし、彼らが今後、イギリスをはじめとする国々でいかに実績を重ねていくことになるのかを、大いに興奮しながら期待しています」
ブラニガン氏は、2008年9月にはDIR EN GREYの取材のみを目的として来日。
以降、11月に世界17ヵ国でリリースを迎えた最新作『UROBOROS』の発売時期にも、誌面で彼らを大々的かつ継続的に取り上げてきた人物。
今回、彼らは『KERRANG!』誌自体が主催するツアーが行なわれているさなかで表紙に登用されることになったわけだが、この事実が、現地でのDIR EN GREYに対する注目度の高さを裏付けるものであることは言うまでもない。
ちなみに今回のカヴァー・ストーリーに冠せられたタイトルは『THE UNTOLD STORY OF THE WORLD’S BIGGEST CULT BAND/世界最大のカルト・バンドの、語られざるストーリー』。
もうひとつ付け加えておくと、同誌のオフィシャル・サイト内で実施されている、今回のツアー参戦バンドの人気投票においても、DIR EN GREYは、MINDLESS SELF INDULGENCEやBRING ME THE HORIZONといった他の出演者たちを大きく引き離しながら首位を独走している。
このツアー自体は、今後まさに佳境へと突入し、1月30日、ロンドンのブリクストン・アカデミー公演をもって15公演に及ぶ全日程を終了することになる。
そして帰国後の彼らは、2月9日には<TOUR09 FEAST OF Ⅴ SENSES>と銘打たれた国内ツアーを開始する。
さらにその直前、2月4日には、これまでの国外での活動を総括する内容ともいうべき画期的DVD『A KNOT OF』がリリースを迎えるが、言うまでもなくこの映像作品も欧米各国で発売されることになっている。
国外のファンが彼らの映像作品に対して飢餓感を長年募らせてきた事実もあるだけに、こちらも各国で大きな反響を呼ぶことになるに違いない。

日本のバンドも中々頑張ってますね。
この先DIR EN GREYの活躍は世界を中心になってくるのかな?
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]