忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『ヤングジャンプ』(集英社)連載の人気漫画『GANTZ』が、嵐の二宮和也、松山ケンイチの2大スター競演で実写映画化され、2011年東宝系で公開されることが公式ホームページで発表された。
主人公・玄野計を演じる二宮は「この作品は僕に人間の愚かで傲慢な部分を教えてくれました」と深遠なテーマに挑む作品の感想を語る。
また玄野の友人・加藤勝役の松山も「斬新で、大胆なところが沢山あって、そんな新しい映画に挑戦しようと思います」と意気込む。
漫画家・奥浩哉氏原作の『GANTZ』は、謎の物体・ガンツによって集められた死んだ人間たちが、理由もわからないまま、謎の星人と戦うというサスペンスフルなSFアクション漫画。
CGを使って描いた独特の世界で高い人気を呼び、2004年にはフジテレビ系でアニメ化もされている。
映画版の監督は、『修羅雪姫』の佐藤信介、脚本は『20世紀少年』などの渡辺雄介が担当する。

「GANTZ」といえばアニメ化されたものは見たのですが、原作の方は見てないんですよね。
結局「GANTZ」とはなんだったのか?
原作の方で語られているのかわからないのですが、映画の方ではどうなのでしょう?
それにしても最近アニメの実写化が多いような気がします。
まあ別に問題があるわけではないのですが。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]