忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕100年を記念し、ユニバーサルIMSでは数ある「カラヤンの第九」の中から名盤として長く親しまれてきた1962年ベルリン、イエス・キリスト教会で録音されたものを取り上げ、これをユニバーサルとしては初となる「ガラスCD」作品としてリリースされます。
昨年秋に技術発表された「ガラスCD」(正式にはEXTREME HARD GLASS CD《高品位ハード・ガラス製音楽CD》)はその音質におけるクオリティの高さがオーディオ・ファンをはじめとする音楽愛好家に驚きをもって迎え入れられ注目されています。

今回発売されるこのガラスCD『カラヤンの第九』は完全受注生産で、価格はなんと20万円!
しかし、音質は通常のCDとは比べるべくもないほど良質で、クラシックをこよなく愛する人にとってはけして高いものではないかもしれません。
まるでサントリー・ホールなどの著名なホールでカラヤンが指揮棒を振るう音楽を生で聞いているような感じだとか。
その音質を比べるために今回のこの特別ガラスCDとは別に通常版のCDも同梱されるそうです。

私も音楽を趣味としている身としては是非とも聞いてみたいものですが、いかんせん金額が金額・・・。
ちょっと手が出るものではないですね。
同じ金額を出すなら、かのカラヤンと並び称される日本が誇る小沢征爾の指揮する音楽を生で聴いてみたいものです。
しかし、かのカラヤン。
しかもCDという事は基本的には音質の劣化がなく半永久的にいつでも聴けるという利点もあります。
・・・まあどっちにしても私にはちょっと縁遠い話かもしれませんんね。
この『ガラスCD』がはやく安価で普及してくれるとうれしいものです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]