忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



楽器をプレイする人にとってチューニング(調律)というのは結構厄介な物。
弦楽器はもちろんドラムなどの打楽器にも音程の調整と言うのはつきものです。
弦の状態によっては調整したそばからくるってしまう事もあったりします。
そのため弦を張ったばかりの時には無理に引っ張ってよく馴染ませたうえで毎日チューニングメーターとにらめっこ・・・なんて事もしばしば。
そんな弦調整を自動で行ってくれる自動チューニング機能付き新エレキギターが米ギブソン社より発売されます。
新ギターには半導体やモーターが内蔵されており、ペグ(糸巻き)を機械制御してわずか2秒間で音程を合わせる仕組みだ。
通常の調弦だけでなく、設定しておけば、曲ごとに異なる調弦に変更(半音下げチューニング等)することができる。
同社は、調弦が苦手な初心者だけでなく、プロの演奏家にも自動調弦ギターが浸透すると期待している。
日本をはじめとする世界各国で販売され、同社は、演奏者は調弦の煩わしさから解放され、「ただプレーするだけでOK」と売り込んでいる。
このギターはギブソンの代表ブランド「レス・ポール」の新商品で、7日発売の限定版は価格2499ドル(約28万円)。標準版は年明け後に発売される。

さて、こうして技術的進歩にともなって便利なギターまで誕生したのですが、正直に言えば私は値段の多寡にかかわらずあまり欲しいという気はしません。
私もベースをやっていたのでチューニングのわずらわしさはわかっているつもりなのですが、そのわずらわしさも楽しみの一つだったりしました。
それに演奏中に生じた極わずかな『ズレ』というのも味があっていいもの。
本当に浸透していくかどうかはまだ未知数ですが、良かれ悪かれ音楽シーンに与える影響は大きいかもしれませんね?

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]