忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私が学生服として詰襟の制服を着ていたのははるか昔の話。
それからずいぶんと時が流れたものですが、最近では制服といってもブレザーが増えて詰襟は減ったなぁ・・・と思っていたのですが、実はここ最近では詰襟の学生が増えてきているそうです。
それも詰襟の学校が増えてきたのではなく、私服の学校の学生が詰襟を着ているそうです。
私服校なのに男子の8割が「カラス」という高校もざらだ。
管理教育への抵抗の象徴として、制服廃止運動が盛り上がったのは1970年ごろ。
みんなでこぞって「NO」と叫んだものが、なぜいま人気なのだろう。
答えは『自由』という単語にあるらしい。
制服が嫌だったわけではなく、制服と言う押し付けが嫌だっただけのようだ。
こうした「制服のようなもの」を着る動きは2001年ごろ、都市部を中心に女子の間で始まったという。
高校生らしさをアピールしたいというのが、その理由。
「なんちゃって制服」と呼んで、ブレザーやセーラー服に身を包んだ。
これがこのところ、男子にも波及したというわけだ。

なんともまあ・・・。
制服を高校生らしさの象徴とするのもわからないでもないのですが、私服の学校で制服を着るというのはいまいち理解できないものです。
まあ個性をアピールできる良い時代といったところでしょうか?
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]