忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859] [858] [857]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■男性がときめく手料理とは
風邪をひいた彼におかゆを作ってあげてプロポーズされたA子さん。
彼好みのお弁当を作って彼の心をつかんだB子さん。
そして、C子さんは彼のために朝食を作ったら「こんな朝ごはんを毎日食べたい」と言われました。
男性が思わず結婚を意識してしまう彼女の手料理の共通点。
それは、彼の体調や気分に合わせたレシピを考えて、気持ちよく食べてもらっているということ。
そう、彼の心をつかむにはプロ級の料理のワザや特別なテクニックは必要ありません。
■彼の胃袋をつかむには
もちろん、技術は磨けるだけ磨いたほういいでしょう。
それよりも重要なのは、相手が求めているものをきちんと把握できるかどうか。
まずは彼の心をしっかりとつかんでおかないと、彼の胃袋はつかめません。
ただ、きちんとした食事を用意すればいいってことではないのです。
誕生日や特別な記念日に手のこんだ料理でおもてなしするというのは素敵なことです。
でも、「私はあなたのために、こんなに頑張りました!」「私って、料理上手でしょ? すごいでしょ」という押しつけがましさが相手に伝わると、その気持ちを負担に感じる人もいます。
一番大事にしたいのは、一緒に食事をしたときの楽しい雰囲気。
こんなハッピーな時間がずっと続けばいいのに、という心地よい時間を提供することです。
■時間をかけず手際のよさ、遊び心で勝負
たとえば、定番のハンバーグでも旬の野菜たっぷりのサラダを作ったり、付け合わせで彩りを添えたり手際よく盛りつけまで工夫すると、ときめき度はアップします。
付き合いが長かったり、夫婦であればお互いのペースが分かっているでしょう。
でも、恋人同士、とくに付き合いが浅い場合は、ほんの少しタイミングがずれただけで、関係そのものがギクシャクしてしまうことがあります。
初めて彼に料理を振る舞う場合は、相手の好みに合わせて自信を持ってつくれる簡単料理が一番。
サプライズを用意するよりも、何が食べたいか、苦手なものは何か、しっかり聞いておきましょう。
また、料理を気軽に楽しんでいる感も大事。
餃子を作るなら同じ焼き餃子をたくさん作るのではなく、半分は水餃子にするとか、羽根つきのものを作るとか、遊び心があると食べていてもワクワクしますよね。
一緒に作っても、楽しめるでしょう。
■好みをリサーチして、季節感を大切にした料理を
女性に限らず、最近は男性も趣味で料理を楽しむ人が増えています。
その季節の旬の食材を生かして、健康的で美味しい食事を心がけていると、生活そのものが充実してくる気がします。
相手の好みやその季節の旬の食材を生かしたレシピを考えて、彼の心も胃袋もしっかりつかんでおきましょう。
 
確かに料理と言うのは重要ですよね。
しかも手の凝ったものでなく「突然だったからあり合せのものしかできなかったけど・・・」なんていわれて出来合いのものでないものがでてくるだけでもうれしくなったりすますね。
まあ料理が全てではないけど婚活にいそしむ人には強力な武器になる事は間違いないでしょう。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]