忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[833] [832] [831] [830] [829] [828] [827] [826] [825] [824] [823]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「最近の若い人、特に男の子って、飲まない人が多くなったなーと思います」というのは裕子さん(41歳・独女)。
会社で年が近い同僚と話すと、よくこの話になるという。
「入社3年目になる同じ部署の後輩の場合は、仕事がひと段落ついて部署のみんなで飲みに行こう、ということになっても、『疲れているので』と帰ることがほとんど。お酒は量も飲まないし、あまり楽しめないと公言しているんです。初めは、部署の雰囲気に問題でもあってなじめないのかなと思っていましたが、普段は明るいし、まわりの人ともうまくやってる。本当に、お酒が得意でないだけなんですよね」
そう話す裕子さんは、体育会に所属していた大学時代から、かなり豪快に飲むタイプ。
友人たちも同様だったので、後輩のようなタイプもいるんだ、と納得はしつつもちょっと寂しく感じてしまうという。 「まあ、お酒がないと人と打ち解けられない、ということでもないし、無理強いするのは問題ですからね。でも、この彼が部署に来たときは、かなり新鮮でした。あまりお酒を好まない男の人に会ったのは初めてだったので。でも、同期とか、年の近い同僚(女子)と話すと『うちにもいる』『うちにも』みたいな話になるので、最近の若手の傾向として多いんだな、と。そんな話をしている自分たちは、もちろん飲みながらだったりするのですが。この楽しさが共有できないなんてつまんないねー、などと言いつつ(笑)」
一方で、「飲めない人が増えたというより、男子でも飲めないことを公言できる時代になったのでは」というのは由佳さん(43歳・独女)だ。
「20代前半の頃に付き合ってた人が、お酒に弱い体質だったのですが、就いた仕事が営業職だったこともあって、飲めないなんてとても言い出せる雰囲気ではなくて。接待や部署の飲み会ではいつも苦労してました。それを思うと、いい時代になったんじゃないかなと思います」
たしかに、20年近く前といえば、今よりかなり“強引な飲ませ”が横行していた時代。
“一気”も今ほど問題視されてはいなかったかも。
「自分が苦手だからといって『飲みの席でしかコミュニケートできないなんて古臭い』という態度があからさま過ぎるのも良くないと思いますが、飲む人も飲めない人も楽しめる場所を提案して、部署の打ち上げなどを仕切れる人には好感が持てますね。男のくせに飲めないのか、みたいなことを未だに平気で口にするオジサン連中から守ってあげたくなる(笑)」
反対に、「飲めないことを振りかざす部下に、最近ちょっと辟易している」というのは美樹さん(41歳・独女)。
「去年入社してきた新人が、何かというと『僕、飲めないんで…』で済まそうとするのが気になります。取引先に連れていって食事に誘われても、あっさり断って帰ろうとするとか、正直ひやひやすることもあって。部署の忘年会の企画も1年目の子がやるのが慣例なんですが、『飲みたい人の喜びそうな店がわからない』ことを理由に、他の子にまかせきりだったみたいだし。仕事には熱心だし、基本的に悪い人ではないので今のところ問題も起こってないけど、あの天真爛漫さが今に通じなくなる時が来るんじゃないかと思うんです。飲めないことは悪いことじゃないけど、それを理由に物事をシャットアウトするんじゃなくて、たまには飲める人に付き合ってみるとか、世界を広げた方がいいよ、って言ってるんですけど」
仕事を始めてはや20年、というアラフォー女子の多くにとって、お酒は楽しい時も辛い時もともに過ごしてきた良き友達。 
それが分かち合えない若手男子の出現には、正直戸惑うことも多い。
でも、「男なのに飲めないのか」などという年配男性に反発を覚えるのもまた事実。
ベテランと新人の間に立って、双方の気持ちを理解しようと心を砕く自分の中に「大人の余裕」を見出す時、ふと、新人時代がずいぶん遠くなったことを感じるのだった。

私はお酒が好きな方なので飲まない人の気持ちは理解できないのですが、やはり社会人として多少は付き合いというものも大切にするべきではないかと思います。
飲めなかったり飲まなかったりする人はソフトドリンクを飲めばいいだけの話であってなにもアルコールを飲む必要はないのでは?
毎回付き合うべきとは言わないけど、人付き合い程度には飲み屋に足を運ぶべきじゃないかなぁ・・・なんて思ったりもします。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]