忍者ブログ
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ
フリーエリア


WAK2MAIL
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/23 熟年チャリダー]
[11/25 f-1]
[09/25 イーストスワロー]
[08/29 papa_m42]
[05/14 イーストスワロー]
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
East Swallow
性別:
男性
職業:
ネットショップ経営
趣味:
旅行や自転車、ツーリング等など
自己紹介:
アジアン雑貨&シルバーアクセサリーのネットショップ『イーストスワロー』を経営しています。
シルバー系のアクセサリー等をはじめとして、バッグや小物、さまざまな物を扱っておりますので是非お立ち寄り下さい。
http://www.east-swallow.com/
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
[797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788] [787]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■28歳の男は結婚適齢期?
30過ぎると、結婚に甘い幻想なんて抱けない。
周囲の既婚者の苦労話もさんざん聞いてるし……。
堅実に愛情を育める家族は欲しいし、いつかは結婚したいけど“今すぐ”っていう勢いがなかなか持てない!
そんな30女がスムーズに結婚できる相手とは? 
周囲の女子を見ていると、それは年下男である率がすごく高い。
いろいろな例を分析した結果、年下男というよりは、その相手は28~30歳の男である確率が高いことが分かった。
本能か煩悩か、女にはどうしようもなく結婚したい時期(第一次は25歳前後、第二次は30歳前後)があるように、男にも何とな~く結婚したくなる時期がある。
その第一時期が平均値28~30歳。
卒業後、一心不乱に働いてきた男ならなおさらそう。
入社して5年過ぎて、仕事ぶりにちょっとは自信もついてきた、遊びも一通り経験した。
次のステップに行きたい、男としてもっと大きくジャンプしたいと思うとき、家族を持ちたいと思う気持ちは、成長に伴う自然な本能なのだろう。
20代も30代も周囲の結婚を決めた女性の相手の男は、ほとんど28~30歳あたり。
そういえば、同級生の友人男子もみんな28~30歳で結婚していったし……。
この時期の男子は、みんな迷いなく、結婚へ邁進しているような。
もちろん、もっと年上の男でも35歳前後と40歳前後あたりにも結婚したい波がくるようだけど、経験値に比例して迷いも大きくなっていく(お互いさま!)。
その点、30直前の結婚したい男は、まだまだ勢いだけで結婚できる時期のようで。
女側もその勢いに便乗して四の五のいわずに、結婚へと飛び込めたりするのかもしれない。
迷いながらも、やっぱり結婚したい30女こそ、28~30歳の結婚したい年下男に行くといいと思う。
もちろんこの時期の男子が全員、結婚適齢期とは限らない。
年下男ほどアタリハズレが大きいのも事実だ(ストレートですみません)。
年下男は、私たちよりも同世代男子よりもさらに輪をかけて発展途上なもの。
どんなに仕事ができる男でも(できる男だからこそ)、どこかに消化しきれないモヤモヤ(恋愛欲とか、出世欲とか、満たされないくすぶり)も抱えていたりする。
そのモヤモヤや根本の人間性を見極めないと、勢いで結婚したものの冷めた時にいきなり崩壊……なんてこともある。
贅沢いえばキリがないし、相性と好みは千差万別だけど……。心身ともに自立している魅力的な30女子たちが年下男と付き合いたいなら、絶対に押さえておきたいチェックポイントはある。
■リアルに“結婚できる男”の3条件
1.サバイバルスキル=行動力があること
一緒にいて高めあえる、いざというときに頼れる男には、何があっても乗り越えられる「サバイバルスキル=行動力」がある。
年下は何かと“口だけ番長”になりがち。
グチるだけグチって行動する勇気がないとか、経験値が足りないせいか自分の視野が狭いことにも気づかなかったりする。
会社という小さな枠組みの中で仕事ができても、根本的なサバイバル力や行動力がなければ、次のステップには進めないし、必ず煮詰まるときがくる。
今は発展途上でもいい。
会社の評価を得ることだけに必死にならず、自分の道を見定め、ちゃんと行動して、自分の生き方に誇りを持っている男がいい。
2.精神的にケチではないこと。
お金がない時期ほど、人の本性や男としての器って現れるなとつくづく思う。
彼の金銭事情を察して受け入れる度量はもちたいけれど、いくらお金がないからといって、ワリカンかオゴッてもらうことに必死になったり、ほんの100円を出し渋ったり、彼女のほうが収入が多いことに嫌悪感を示したりするような男は、後々辛くなる。
悲しいかな意外と多いよね。
金銭的にではなく、精神的にケチな男はたぶん、愛情面でもケチだし、将来、小金を持ってもケチなままだろう。
3.年上女の魅力を正しく理解できる器があること
付き合って上手くいく年上女×年下男は、実年齢差はともかく、精神的な年齢差があまり感じられないもの。
キャメロン・ディアス×ジャスティン・ティンバーレイク然り。
年齢を越えたノリやセンスで繋がっているし、何より経験値は異なっても、「根っこの太さ=器の大きさ」は同じくらいなのだと思う。
その年齢だからこそ持ちえる相手のメリットはある。年下男にとって、年上女ならではの経験値や包容力は大きな魅力。
だけど器の大きい男じゃないと、その魅力すら正しく認めることはできない。
最初は良くても、そのうち経験値の違いに、「どうせオレなんて……」と卑屈になったり、包容力になし崩し的に甘えたりする年下くんもいる。
本当にカッコいい年下男とは、年上女の魅力を正当に評価して、ときに頼りつつも、過剰に甘えたり卑屈になったりしない器の大きさがある。
そういう男子なら年齢に関わらず、こっちも尊敬できるし、長く愛せる相手になるはず。
好みも相性も人それぞれだけど、パートナーとしてずっと付き合っていく相手には求めたい基本の3項目。
この3つがない男には泣かされるし、振り回されるし、何よりこっちの恋心が冷めた時に愛せなくなるから。
もしかしたらこの3つは、年下男に限らず、男の器をはかるメモリのようなモノかもしれない。
恋に溺れる前に、結婚に突進する前に、1度正確に測っておきたい。

こうしてみると男も女も大変ですねぇ・・・。
私の場合はあまり結婚願望がないのでそこまで意識してないのですが、結婚を意識するのはやはり普通ですものね。
人によって結婚適齢期は色々だと思いますが、結婚を意識し始めている方がいらっしゃったら参考にしてみるのも一興では?
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]